高田馬場にあるラグビーダイナー「ノーサイドクラブ」

ノーサイドクラブ 営業時間

Topノーサイドヒストリー > 「第三十三話:ノーサイド、そしてキックオフ」

 

Noside History

「第三十三話:ノーサイド、そしてキックオフ」

さて。

4/5からの臨時休業と同時に始めて以来、三十三日間に渡り、綴ってきた「ノーサイドヒストリー」ですが、今回をもって一度、筆を置かせて頂きます。

実のところ、本当はもう早く区切りを付ける予定でしたが、毎日の皆さまからの励ましや嬉しいご感想などのメッセージに背中を押されて、予定よりも話数、文章とも大幅に増量、嬉しい誤算のもとここまで続けることが出来ました。

駄文拙文にもかかわらず、一ヶ月以上にも渡り、ご一読頂き、本当に、本当に有り難うございます。

またこちらの勝手で一旦終了とさせて頂くこと、大変申し訳ございません。

僕は飲食業界とラグビー界で生きていく術を全く知らなかったので、オープン以来、本当に苦労の連続でした。

一寸先、ではなく、今が闇。

財布や銀行口座の残高も底をつき、全く先の見えない未来に何度も挫けそうになりました。

もしあの頃、どなたかから「飲食店をやりたいのですが…」と
アドバイスを求められたら、二つ返事で「止めておいた方がいいです」と答えたでしょう。

でも、自信も経験もなかったからこそ無邪気で真っ直ぐにチャレンジし、トライ&エラーを繰り返しながらも七転八倒、諦めず、幾度となく立ち上がり、何とか今に至ることが出来たと思っています。

それが出来たのは何より、
そんな激動の日々にお付き合い頂き、叱咤激励の上、一緒にお店を支えて頂いた容子、スタッフのみんな、ラグビー選手/関係者の皆さま、取引先の皆さま、そしてお店に足を運んで下さるお客様方のおかげに他なりません。

本当に有り難うございます。

ノーサイドクラブは週明け5/11(月)から、スタッフのマスク着用、手はもちろんテーブルやドアノブ、イスなど店内全体の定期的なアルコール消毒、間隔にゆとりを持たせたお席の配置、店内ご案内者数の制限、店内換気の徹底に最大限に注意を払いながら
月/水/金の三日間、16時〜20時という時間限定にて段階的に営業を再開致します。

営業が出来ず、苦しかったこの一ヶ月間、皆さまからのコメントやいいね!が何よりもの励みでした。

ヒストリーは一旦ノーサイドを迎えますが、お店は再びキックオフします。
この続きはまたお店で。

最後に大人になった僕が今、一番好きなパンチラインで締め括りたいと思います。

「俺が夢を捨てなければ夢は俺を捨てない。成功が努力よりも先なのは辞書だけだ。」
(Zone the Darkness「震エテ眠レ」から抜粋。)

来週からまた”感謝"と”神泡”、二つの「か」と共にお待ちしています。
三十三日間、本当に有り難うございました。


ノーサイドクラブ マスター(竹内方和)

 

Topノーサイドヒストリー > 「第三十三話:ノーサイド、そしてキックオフ」